• Take

【アイルランド留学中の食べ物】緑あふれるエメラルド島!留学中に絶対食べたい現地グルメを紹介します!

更新日:6月20日


皆さん、こんにちは!

アイルランドへの留学やワーキングホリデーを考えている、または興味がある皆さん、現地グルメについてはもう情報収集はお済ですか?

せっかく日本から遠くに位置するアイルランドに留学するなら、現地の伝統的な料理や、家庭の味を楽しみたいですよね。

ここではアイルランドに留学やワーキングホリデーで訪れた際に絶対食べるべきアイルランド料理をご紹介していきます!


<目次>

  1. アイルランドの食文化

  2. ①アイリッシュブレックファースト

  3. ②ギネスビールを使った料理

  4. ③コルカノン(コーキャノン)

  5. まとめ

アイルランドの食文化

アイルランド名物の写真

アイルランド料理は基本的にイギリス料理と似ていますが、ギネスビールの発祥の地でもありアイルランドの国民食は、なんといってもポテトです。 アイルランドでは主食としてポテトが食べられており、茹でるだけのマッシュポテト、オーブンで焼くフライドポテトのどれかで至ってシンプル。肉や魚もオーブンで作る物が多く、冷凍食品を多用する家庭も多いです。 付け合わせ野菜も、茹でるだけのシンプルな温野菜が多いです。

以下は留学中にホームステイ先でも食べるであろうポピュラーなアイルランドの家庭料理を3つピックアップしました!ぜひ留学に行く前にチェックしてみてくださいね。

①アイリッシュブレックファースト

アイリッシュブレックファーストの写真

アイリッシュブレックファーストは、アイルランド全域の伝統的な朝食のことです。アイルランドではそれを「アイリッシュブレックファースト」と言います。

内容はフライドエッグ(目玉焼き)、スクランブルエッグ、ボイルドエッグなどの卵料理に、ベーコン、ソーセージ、焼きトマト、ホワイトプディングやブラックプディング、ベイクドビーンズなどが1枚の大きな皿に盛られた朝食です。

それに加えてトーストや紅茶、またフルーツなども付いています。ホストファミリーによってはこの豪華なアイリッシュブレックファーストが出されるかもしれないと考えると、また留学が楽しみになりますね♪

②ギネスビールを使った料理

ギネスビールの写真

ギネスビールの発祥の地であるアイルランドでは、様々な料理にギネスビールが使われています。例えば炒めた牛肉や野菜にギネスビールを入れて煮込む「ギネスシチュー」やギネスビールを使ったライ麦パンである「ビアブレッド」です。

どれもギネスビールのコクと旨味が素材に凝縮され、とても美味しいです♪

③コルカノン(コーキャノン)

コルカノンの写真

コルカノンは、マッシュポテトにケールまたはキャベツを加え、そこに牛乳を加えて煮込み、バターと塩胡椒で味付けをしたじゃがいも料理です。

味のイメージとしてはジャガバターのような感じです。ホクホクのマッシュポテトにじゅわっと溶けたバターは相性抜群で、いくらでも食べられます(笑)

まとめ

いかがでしたか?アイルランド料理も色んなタイプのものがありますね。留学中は現地の歴史や文化を学ぶ意味でも、ぜひ味わってみてくださいね。

そんなグルメの魅力溢れるアイルランドで留学をしませんか? ========================================

ONE WAYでは「留学コーチング」サービスを提供しています。

一般的な留学カウンセリングとは異なり、留学のキッカケは?留学を通して何を実現したいか?将来、留学後はどう生きていきたいか?といった留学を通しての目標・目的設定から始まります。

そこで見つかった自分だけの目標、目的、答えをもとに、自分だけの留学プランを作成、見つけ、計画作成・決定~出発までの一連の流れをサポートします。

かつてONE WAYスタッフが経験し、そうだったように「留学」は間違いなく人生の大きなキッカケとなる体験です。それ故に多くの費用と時間を有します。特に社会人を経ての留学や、大学生の就活を見据えた留学は、今後のキャリアの大きな分岐点にもなり得ます。そのために留学コーチングは、そんな皆さんの人生を変える体験をサポートします。

>>ONE WAY留学コーチングのサービス概要・料金はこちら!

=========================================

--End--

0件のコメント