• Take

【マルタ留学中の食べ物】地中海に浮かぶ国マルタのグルメや名物は?

更新日:6月18日


Good day mate! ONE WAYのTakeです。 留学先の情報で気になるのは【留学先の食べ物】です。留学先の現地ではどんな食べ物が主食として食べられているのか、日本食は手に入るのか?など気になる方は多いのではないでしょうか?

ここでは、マルタの食べ物や現地レストラン、日本食についても加味しながら、マルタ留学中の食べ物をご紹介します!

<目次>

  1. マルタの食文化

  2. 留学中に絶対食べたい!マルタ料理3選

  3. 1.ウサギ料理

  4. 2.ゴゾチーズ

  5. 3.プリニョラータ(PLINJOLATA)

  6. 厳選!マルタで絶対に行くべきレストランは?

  7. ① The Compass Lounge

  8. ② SURFSIDE(サーフサイド)

  9. ③ Fresco’s Cafe & Restaurant

  10. マルタで日本食は手に入る?

  11. マルタの日本食レストラン

  12. マルタのアジアンスーパー

  13. まとめ

マルタの食文化

シーフード料理

南イタリアの地中海に位置しているマルタは、地中海性気候で一年を通じて穏やかです。 地理的にもイタリアのすぐ南に位置しているのでイタリア文化の影響を色濃く受けています。 マルタ料理はイタリア料理とも似ていますが、料理の味付けは薄めで、料理にはトマトやチーズの旨味やオリーブオイルの風味を多く感じます。 また地中海の国らしく、新鮮なエビ、タコ、ムール貝、白身魚などのシーフードを食べることができ、味にうるさいイタリア人のお墨付きと言われています。

留学中に絶対食べたい!マルタ料理3選

マルタの名物グルメと聞いてもピンと来ない人も多いと思いますが、人気のマルタ料理トップ3をご紹介します。

1.ウサギ料理

Rabbit meatの写真

日本人にはあまりなじみのないウサギ肉ですが、マルタではよく食べられる庶民の食べ物です。 気になる味は、クセもなくあっさりとしていて別のお肉に例えると鶏肉に似た食感で美味しく食べられます。 煮込み料理も良し、グリルも良し…色んな調理方法があるので試してみてください。

2.ゴゾチーズ

cheeseの写真

マルタ共和国にあるゴゾ島で作られている名物「ゴゾチーズ」も有名なマルタ料理のひとつ。

ゴゾチーズの味ですが、食べてみると『豆腐のような濃厚な味』がします。これは羊乳や山羊乳を使用しているので、チーズ特有の癖がない為です。

ゴゾ島ではゴゾチーズの他に、リコッタチーズやミモザチーズなどチーズの種類が豊富なので、チーズ好きの方はぜひ様々なチーズを試してみてください!

3.プリニョラータ(PLINJOLATA)

プリニョラータは、毎年2月に行われ、6世紀にわたって続く伝統的なカーニバル期間のみ食べることのできる、マルタの伝統的なお菓子です。

このスイーツはとんがり帽子の形をしていて、カーニバルの間のみ売られています。ナッツやフルーツを砕いた物をアーモンドの粉に入れて固めたケーキで、とっても甘いので甘いものには目がない甘党の方には是非食べてほしい”幻の”スイーツです。

厳選!マルタで絶対に行くべきレストランは?

マルタ島の中心地&観光地として栄えているスリーマは、シーフードを代表とするマルタ料理を堪能できる絶好スポットでもあります。

ここからはマルタで絶対に行くべきレストランとして厳選した3つの店舗を紹介します。

① The Compass Lounge

※画像元:Then Compass公式HP(http://thecompasslounge.com/gallery/

スリーマのビーチすぐそばに位置するThe Compass Loungeは、スリーマエリアで最も人気なレストランの一つです。フレッシュなジュースやカクテル、大西洋から直送された新鮮なシーフードなど、多種多様な料理が楽しめます。

テイクアウトのコーヒーも提供されているので、コーヒーを買い、飲みながらスリーマのサンセットを見る…。なんてこともできちゃいます!モーニング限定のEnglish Breakfastも提供されており、スリーマでまず”間違いない”お店です。

お店のオススメメニューは、フィッシュ・アンド・チップスとお洒落にアレンジされたフルーツジュースです。美味しいThe Compass Loungeの料理・ドリンクに合わせて楽しむことのできるスリーマの美しいビーチは、最高の調味料であると言えるでしょう♪

▼ お店の詳しい情報は下記公式ページをチェック!▼ http://thecompasslounge.com/

② SURFSIDE(サーフサイド)

※画像元:SURFSIDE公式HP(http://surfsidemalta.com/

海岸沿いのちょうど景色のいいスポットにあるレストランバー、SURFSIDE(サーフサイド)。

地上階とその下の階に席があり、下の階は室内で、地上階はテラスになっています。海の岩場の上にあるので、リゾート気分を味わえます。

このレストランの名物料理は、ウサギのグリル。「ウサギを食べるの!?」と驚かれた方もいるかもしれませんが、ここマルタではウサギ料理は名物なんです!もちろんサラダ、ピザ、パスタ、ピラフ等の通常メニューや豊富なアルコールメニューも楽しめます♪ ▼ お店の詳しい情報は下記公式ページをチェック!▼ http://surfsidemalta.com/

③ Fresco’s Cafe & Restaurant

frescosの写真

※画像元:Fresco’s Cafe & Restaurant公式HP (https://www.frescosmalta.com/home

最後に紹介するのは、バス停(Antik)近く、湾沿いの遊歩道内にあるFresco’s Cafe & Restaurant。メニューの値段はリーズナブルなのに料理も美味しく、店内は全面窓ガラスとなっており、夕暮れには綺麗なサンセットを見ることができるなど雰囲気も良いレストランです。

Fresco’s Cafe & Restaurantの人気定番メニューはFRESCO’S FLAME GRILLED BEEF BURGER( € 11.95)です。やわらかで香りの少ない日本人好みの赤身肉であるアンガス牛をふんだんに使ったハンバーガーはFresco’s Cafe & Restaurantでマスト-イートな料理と言えるでしょう。 他にも地中海の新鮮なシーフード料理やラビオリ(パスタ生地の間に、挽き肉やみじん切りにした野菜やチーズなどの食材を挟み、四角形に切り分けたもの)やシチリア風ピザなど、南イタリアの名物料理も堪能できます。

▼ お店の詳しい情報は下記公式ページをチェック! ▼ https://www.frescosmalta.com/home

マルタで日本食は手に入る?

異国での留学をするとなると、お味噌汁や白ごはんなどの「日本食」が恋しくなってくる方も多いはず。 現地マルタの日本食事情はどうなっているのでしょうか?

★ マルタの日本食レストラン ★

マルタには数軒の日本食レストランがあり、お寿司やお味噌汁はもちろん日本酒やビールなども提供しています。 日本の味が恋しくなった時や留学先のお友達に日本食を紹介したい時には是非訪れてみてください!

マルタのアジアンスーパー

マルタには日本食材を専門に取り扱うスーパーはありませんが、中国・韓国などアジアをひとまとめにして食材を取り扱う「アジアンスーパー」があります。留学生活中は自炊をしてお金を節約したい!という時にもやはり使いたくなるのが日本の食材であったり調味料ではないでしょうか? 現地のアジアスーパーでは醤油やみりんなどの調味料はもちろん、ふりかけや麺つゆなども手に入るので通い詰めになりそうですね(笑)また日本から持ってくるという方法もあるので、大きなスペースを取らないお味噌汁やふりかけなどは現地で買わず日本から持ってくる方がいいかもしれないです♪

まとめ

いかがだったでしょうか? 今回はマルタの食べ物や現地レストラン、日本食についても加味しながら、マルタ留学中の食べ物をご紹介してきました。 日本から遠く離れたヨーロッパでは食生活が全く違う中で、この異なる食文化の経験ができるのも留学の醍醐味の一つですね。 ただ現地で日本食が恋しくなることはあると思うので、小さなものは日本から持ってきたり現地のアジアンスーパーで調達するのがいいかもしれないです♪ ========================================


ONE WAYでは「留学コーチング」サービスを提供しています。一般的な留学カウンセリングとは異なり、留学のキッカケは?留学を通して何を実現したいか?将来、留学後はどう生きていきたいか?といった留学を通しての目標・目的設定から始まります。


そこで見つかった自分だけの目標、目的、答えをもとに、自分だけの留学プランを作成、見つけ、計画作成・決定~出発までの一連の流れをサポートします。


かつて自分が経験し、そうだったように「留学」は間違いなく人生の大きなキッカケとなる体験です。それ故に多くの費用と時間を有します。特に社会人を経ての留学や、大学生の就活を見据えた留学は、今後のキャリアの大きな分岐点にもなり得ます。そのために留学コーチングは、そんな皆さんの人生を変える体験をサポートします。

>>ONE WAY留学コーチングのサービス概要・料金はこちら!


=========================================

--End--

0件のコメント