top of page
  • 執筆者の写真Take

留学コーチングで行うコーチングの流れ・内容を一挙解説!

更新日:2023年11月26日

こんにちは!留学コーチのTakeです。


新型コロナウイルスが第5類に移行し、再び自由に海外が行けるようになった2023年。このアフターコロナ元年では多くの方が海外留学へと旅立つことでしょう。


そんな中、留学前〜後まで継続的な質の高い留学サポートを提供する「留学コーチング」も本格的に再開しました、


今回の記事では、そんな留学コーチングサービスの目玉である「留学コーチング面談」の種類・内容を実施順番に沿って分かりやすく解説していきます。


・留学コーチング面談では何をするの?

・どんな流れで留学コーチング面談が進んでいくの?

・どんなメリットがあるの?


是非サービス検討の参考にしてください😊


留学コーチングの基本概要

まず、留学コーチングでは留学全体を大まかに「マエ・ナカ・アト」に分け、コーチング面談を行っていきます。


========================

<留学マエ>

・留学前の疑問解消→①目的・目標設定コーチング

・留学における目的・目標設定→①目的・目標設定コーチング

・プラン作成 (学校・滞在先・航空券・保険・VISAなど)→②留学プラン作成コーチング

・留学直前の不安解消、マインドセット→③留学前のマインドセット・コーチング


<留学ナカ> (※オプショナルメニュー)

・目的・目標の進捗確認コーチング→④留学中の相談・進捗確認コーチング

・留学生活での悩みを解消→④留学中の相談・進捗確認コーチング


<留学アト>

・目的・目標の振り返りコーチング→⑤留学後の振り返りコーチング

・留学後のキャリア相談→⑤留学後の振り返りコーチング

========================


留学前はコーチングによる留学の根本的な目的・目標の設定


留学中は進捗確認や現地生活での悩み相談


留学後は目的・目標の振り返りや、留学後のキャリアコーチングまで、


留学前・中のみならず、留学が終わり帰国してからも継続的なコーチングサポートを受けることができます。またコーチング面談には回数制限はなく、いつでも・何回でもコーチング面談を受けられます。



留学マエ:①目的・目標設定コーチング



まずは留学における「目的・目標設定コーチング」を行います。


・留学をしたいと思ったキッカケ

・留学中に達成したい目的・目標

・留学後になりたい姿、したいこと


上記の基本事項に加え、留学における目的を達成した後に、ご自身の将来にどのようにプラスになるか。自分がどう変わるのか。まで深掘りして留学生自身で言語化できるレベルまで目指します。そうすることにより、目的は強固なものとなり、覚悟や信念を持って留学に臨むことができます。


大学生や社会人など、留学を経て自分のこれからのキャリア進路を決めようと思っている方々にとって留学の成果は特に重要視されます。自分が留学を経てどのような道に進みたいか、どのような企業に就職したいか、どんな仕事に就きたいかを留学を通して見つけるために目的・目標設定は必須と言えるでしょう。


(実際に目的・目標設定コーチング中に作成したスライド))

(目標では①数値化 ②期限をポイントに達成可否を判断できるものに設定)


このように、留学における"目的・目標設定"は成功への絶対条件であり、逆にこの部分が曖昧だと、"失敗"に繋がります。だからこそ、この最初の目的・目標設定コーチングは念入りに十分に時間をかけて行い、個々に合わせた留学における最初のマインドセットを行います。



留学マエ:②留学プラン作成コーチング



留学における目的・目標設定が決まったら、次は「留学プラン作成」です。


留学プランと言っても、留学先の教育機関はもちろん、国・都市や現地滞在先、ビザの選定など多岐にわたって構成されます。そこでプラン作成で大事なのが「優先順位の設定」です。


例えば、プラン作成が留学先選び (国)から始まるとします。留学生の絶対条件として「気候」が挙げられたと仮定し、この方が「晴れが多く温かい国が良い、寒さが苦手」だとすると、曇の多いイギリスや寒いカナダは選択肢から外れるでしょう。この場合、気候面では温暖なオーストラリア、マルタといった国が候補になります。


その他、気候だけでなく、治安や物価など様々な種類の条件がある中で、絶対的なものとそうでないもの洗い出し、組み合わせながら「ベストな国」を選びます。


(まずは留学先の優先順位をヒアリング)

(完成した留学プランの全体像)


人によっては「◯◯ (教育機関)で◯◯を学びたい」と学ぶ項目や物価の安さなど、どの項目に優先順位を置くかは人によって異なります。ただし、あくまで留学の目的・目標を基軸として逆算する、など一定のルールがあるとプランが組みやすくなるでしょう。


とはいえ、この留学プラン作成は留学生一人がプランを考えるとなると、調べなければならない情報の量・範囲は膨大になり、現地教育機関への英語での問い合わせも手間がかかります。その中で留学のセカンドオピニオンとして留学プラン作成をサポートするのが留学コーチです。


また、このプラン作成における留学先の教育機関 (語学学校、大学など)の決定には、留学エージェントが行うような紹介コミッションに基づいた"忖度のある"プラン作成は行わず、語学学校や滞在先などの積極的斡旋をしません。留学における目的・目標をベースにした"本質的な留学生ファーストの留学プラン"を作り上げていきます。



留学マエ:③留学前のマインドセット・コーチング

大体の留学プラン作成が固まり、手配が終わると「留学前のマインドセット・コーチング」を行います。ここでは主に①留学直前の不安解消 ②目的・目標のマインドセットの確認を行います。


①留学直前の不安解消


人生の大きなイベントである留学直前には「留学ブルー」と言われるように、留学前に憂鬱感を抱える人はけっこう多いものです。初めての海外渡航、生活ならなおさらです。僕も初めての留学・ワーホリ渡航直前には大きな、漠然とした不安に襲われました。


そこでコーチングを使い、悩みや不安を言語化、時には経験談によるアドバイスも交えながら留学直前の留学生の不安を軽減します。悩みの原因はどこにあるのか?解消のためにどんな行動をすれば良いのか?留学生に寄り添いながら、不安解消のため伴走します。


②マインドセット・コーチング

マインドセット・コーチングでは、留学コーチングで最初に設定した「目的・目標」をもう振り返り、変更点があれば更新します。成果に大きく影響するマインドセットだからこそ、渡航直前に初心に帰りながら目的・目標の意識付けを行います。


留学ナカ:④ 留学中のコーチング


留学中は、日本にいる時よりも生活上のトラブルや、勉学で落ち込むこと、そして孤独と戦う時間が増えます。ただ、そういった体験を経て困難に立ち向かう過程は大人へと成長する大きなプロセスでもあります。 その歩みを励まし、単に悩みや課題に直面した際の相談相手だけでなく、解決に向けたアイデア想起、行動をコーチングを通して促すのが「留学中のコーチング」です。 また、留学という長いスパンの過程で、目的・目標は気が付かないうちに見失いがちです。だからこそ留学中もコーチングセッションを通して「どんな行動ができたか?」「次にどんな行動を起こすべきか?」など定期的に進捗確認を行い、達成に向けて伴走します。


留学アト:⑤ 留学後の振り返りコーチング


留学が終わり、帰国してから最後に行うのが「振り返りコーチング」です。


このコーチングでは5W1Hをフレームワークとして活用しながら、留学での目的・目標達成の可否やそのプロセスを深掘ります。


・現地での生活で何を感じ、気づき発見したのか?

・何がうまく出来た、達成できたのか?なぜ出来たのか?

・何がうまく出来なかったのか?なぜ出来なかったか?

・留学経験を今後の生活にどのように活かすのか?


振り返りは、過去の行動を次の目的・目標達成につなげるために大切なことです。長い人生、キャリアといったスパンを考えると、留学は目的でなく手段でしかありません。そのため留学経験を今後の生活にどのように活かすのか?まで振り返りして次のステップへと繋げます。


(実際に振り返りコーチングで使用した資料)
(実際に振り返りコーチングで使用した資料)

(実際に振り返りコーチングで使用した資料)

まとめ

いかがだったでしょうか?


今回の記事では、留学コーチングサービスの目玉である「留学コーチング面談」の種類・内容を実施順番に沿って説明してきました。


留学における目的・目標設定、留学中の進捗確認、そして留学後の振り返りコーチングは一般的な留学エージェントでも提供できていないサービスであり、留学の"質"を高めるために重要な項目です。


人生を大きく変える可能性のある留学を失敗しないために、留学コーチングにて"マエ・ナカ・アト"の全体において総合的かつ継続的なサポートを受けてみませんか?


受けてみたい!という方は相談内容に合わせた単発コーチング (1時間 ¥3,000)も用意しているので、是非検討ください!


========================================


>>留学コーチングのサービス概要・料金などはコチラ!


========================================


--End--









0件のコメント

Comments


bottom of page